不要なリビジョン一気削減/WPプラグイン「Better Delete Revision」

better


WordPressプラグイン「Better Delete Revision」とは

記事などを編集するたびにたまる履歴を削減するプラグインです。

インストール方法

  1. 管理画面左側「プラグイン」から「新規追加」でこのプラグインを検索
  2. 「いますぐインストール」をクリック
  3. 「プラグインを有効化」をクリックして有効に

インストール方法をもっと詳しく

参考までにダウンロードサイト

はじめに

リビジョンは、記事などを編集している際に記事をバックアップしてくれるありがたい機能。たまに助かりますが、どんどんたまるんです。

これがデータベースに溜まれば溜まるほどサイトが重くなるという弊害も出ますので定期的に削減して軽くしなければなりません。

この「Better Delete Revision」は、そんなリビジョンを削減してくれるものです。

有効化後の設定、使い方

ツールから設定画面にいく現状のトータル数が分かるので、削減可能なリビジョンチェックします。

betterDelete01

検索すると、削減可能なリビジョン数が分かるのでクリックしてクリーニングします。

リビジョン

さくっと削減できました。

revi03

そもそもリビジョンを止める場合

はじめから使わないという考え方もありかと思います。リビジョン数の設定もできる多機能な「WP Total Hacks」というプラグインもありますので、私はそれで制限ないし、停止してます。

 下記のプラグインの「投稿&ページ」のリビジョンコントロールで設定できます。

「Better Delete Revision」まとめ

ありがたいリビジョン機能ですが、不要なものは出来るだけ定期的に削減しておいた方がいいでしょう。知らずに知らずに使っていると、「えっ」ってくらい溜まっています。

LINEで送る
Pocket

タグ:

WordPressこれで学びました

  • WordPressの参考書は、制作ものが多いけど、この本はSEOに特化した割り切りが良い。初めてWordPress導入し、SEO対策をどうしようと悩んでいた時に購入しました。
     WordPressは基本的にはSEOに優れたCMSでありますが、能力を最大化するには、パーマリンク等のSEOに適した設定やSE対策のプラグインなどでパワーアップさせる必要があります。読んだ時は、目から鱗が落ちる内容で、当初はそのまま実践してました。
     また、WordPressだけでなく、基本的なSEO対策の本として、キーワードやタイトル設定なども勉強になりました。

コメントを残す