カスタム投稿を管理画面で設定/WPプラグイン「Custom Post Type UI」

custam00


WordPressプラグイン「Custom Post Type UI」

カスタム投稿タイプとカスタム分類(カスタムタクソノミー)を管理画面から設定出来るプラグイン。

インストール方法

  • (1)管理画面左側「プラグイン」から「新規追加」でこのプラグインを検索
  • (2)「いますぐインストール」をクリック
  • (3)「プラグインを有効化」をクリックして有効に

インストール方法をもっと詳しく

参考までにダウンロードサイト

はじめに

WordPress 3.0から追加された機能である「カスタム投稿タイプ」は、サイトをカスタマイズする際に重宝するありがたいものですが、いかんせん、言葉もそうですが分かりづらい。

「カスタム投稿タイプ」とは、WordPressのデフォルトの投稿タイプの「投稿」「固定ページ」の2つ以外に、定義して追加できる独自の投稿タイプのことです。

 たとえば、企業サイトで、コンテンツの一部として社長のブログのコーナーがあったとします。こういった場合通常の投稿で構築すると2つの点でちょっとメンドイ。

 通常の投稿でカテゴリー分けして、表示させるのですが、「コンテンツのカラーが違うので企業や製品ニュース一覧には表示させたくない」とかで、制作上でメンドイことになる。

 また、社長ブログなのに製品ニュースと同じところにあって、他の社員もさわる可能性もあり、運用上のメンドイことになる。

 そんな時にはこんな感じでカスタム投稿タイプを作るとスッキリします。別途独立した項目として管理しやすくなります。

custam05

 通常、カスタム投稿タイプはfunction.php に追加します。

 例えばこんな感じ。

add_action( 'init', 'create_post_type' );
function create_post_type() {
  register_post_type( 'news',
    array(
      'labels' => array(
        'name' => __( 'ニュース' ),
        'singular_name' => __( 'ニュース' )
      ),
      'public' => true
    )
  );
}

パターンを覚えればできるのですが、いかんせんとっつきにくい。

この「Custom Post Type UI」は、function.phpに直接書き込むのではなく、管理画面上で同じことをやってくれます。

「カスタム投稿タイプを使いたい」と思っても二の足を踏んでいた人は、さくっと始められるかもしれません。

有効化後の設定、使い方

 カスタム投稿タイプと、カスタム分類(カスタムタクソノミー)を追加します。カスタム分類(カスタムタクソノミー)は、名前はよく分かりませんが、投稿のカテゴリーと同じ使い方です。

カスタム投稿タイプを追加

サイドバーの「Custom Post Type」から新規追加をクリックし、投稿タイプ名(これは英語)、 投稿タイプ名のラベル、単数形のラベル(投稿タイプ名のラベルと同じで良い)を入力し、作成ボタンをクリック。

custam001

サイドバーにカスタム投稿タイプが追加されました。

custam02

カスタム分類(カスタムタクソノミー)を追加

次に、カスタムタクソノミーを設定します。先ほどの画面の右で分類名 、分類名のラベル、さらに投稿タイプなどを入力します。

custam11

サイドバーで先ほど追加したカスタム投稿の下に、追加されました。

custam12

ためしに登録してみます。カテゴリーと同じようなやり方です。

custam14

設定は以上です。

実際に登録してみましょうう。

カスタム投稿に登録

 「Add ニュース」から、通常と同様にタイトルや内容、そしてカテゴリーを選択し登録する。

custam21

公開する

 カスタム投稿の設定はこのプラグインを使って、管理画面できましたが、ここからはPHPファイルに直接触る必要性があります。
 ある程度、WordPressのテンプレートタグやHTMLなどの知識がないとちょっと難しいとは思いますが、おつきあいください。

好きな場所に

 例えば、こんな感じのコードで記述します。タイトルだけ表示される単純なものです。場所は index.phpなど好きな場所に貼付ける。
 post_type=newsというところで投稿タイプを定義してます。

<?php query_posts('post_type=news&posts_per_page=5' ); ?>
<ul class="news">
<?php if (have_posts()):while(have_posts()):the_post(); ?>
<li><h2><a href="<?php the_permalink() ?>"><?php the_title(); ?></a></h2></li>
<?php endwhile; endif; ?>
</ul>
<?php wp_reset_query(); ?>

カスタム投稿タイプの一覧ページを表示する

 カスタム投稿タイプの一覧ページは、page-投稿タイプ名.php というテンプレートを用意します。今回は、page-news.phpです。index.phpなどをコピーして、名前を変更し、中身を入れ替えて使用します。

 上記のタグを使って一覧が表示できました。CSSは特にいじってません。
 
 こんな感じです。

custam031
 

カスタム投稿タイプの詳細記事を表示する

 カスタム投稿タイプの詳細ページは、shingle-投稿タイプ.php というテンプレートを用意します。

 shingle.phpから内容をコピーし、shingle-news.phpを作成します。

 上記の一覧のタイトルのリンクをクリックしたら表示されました。

 custam032
   

まとめ

 カスタム投稿タイプをfunction.phpの入力しないで作れるのはいいのだが、その後のもろもろのテンプレートタグを使って表示するのはなかなか知識がないと難しいです。
 ただ、確実にサイトの幅が広がるので覚えておいて損はないと思います。

LINEで送る
Pocket

タグ:,

WordPressこれで学びました

  • WordPressの参考書は、制作ものが多いけど、この本はSEOに特化した割り切りが良い。初めてWordPress導入し、SEO対策をどうしようと悩んでいた時に購入しました。
     WordPressは基本的にはSEOに優れたCMSでありますが、能力を最大化するには、パーマリンク等のSEOに適した設定やSE対策のプラグインなどでパワーアップさせる必要があります。読んだ時は、目から鱗が落ちる内容で、当初はそのまま実践してました。
     また、WordPressだけでなく、基本的なSEO対策の本として、キーワードやタイトル設定なども勉強になりました。

コメントを残す