よく使う文字列を登録し投稿効率化/WPプラグイン「AddQuicktag」

Add quicktagのタイトル


WordPressプラグイン「AddQuicktag」

記事を投稿する際に、よく使うHTMLタグなどの文字列を登録することができるプラグイン。

インストール方法

  • (1)管理画面左側「プラグイン」から「新規追加」でこのプラグインを検索
  • (2)「いますぐインストール」をクリック
  • (3)「プラグインを有効化」をクリックして有効に

インストール方法をもっと詳しく

参考までにダウンロードサイト

はじめに

ワードプレスの管理画面の基本ベースのhtmlタグは足りないですよね?
結局、セコセコと自分で手書きをしなければならない。

非常にメンドイです。

特に同じ言葉を何度も入力するのは苦痛です。

そこで、 「AddQuicktag」は、あらかじめよく使うHTMLなどを登録しておき、入力する時は、ボタンで呼び出し、入力作業を軽減させてくれるというもの。

有名プラグですので間違いはないでしょう。

有効化後の設定、使い方

プラグインの「AddQuicktag」の設定で、タグを記入し追加する。

記事の入力に、追加したタグが出現するので、クリックすると、記事に自動入力。

カスタム投稿タイプにも対応させる

 カスタム投稿で利用したい場合は、function.phpに記述する必要があります。

//カスタム投稿編集画面にAddQuicktagを追加
add_filter( 'addquicktag_post_types', 'my_addquicktag_post_types' );
function my_addquicktag_post_types( $post_types ) {
    $post_types[] = 'カスタム投稿タイプ名';
    return $post_types;
}
※カスタム投稿タイプ名入れます

複数ある場合

	
$post_types[] = 'カスタム投稿タイプ名';

これを下記に変える。

	
array_push($post_types, "投稿タイプ名1", "投稿タイプ名2");

最後に、AddQuicktagの設定で、今回のカスタムポストタイプが現れるので、チェックを入れて完成。

AddQuicktag-Settings21

これで編集画面で使えるようになります

まとめ

導入してから、非常に助かってます。標準機能のように利用してますので、なくなったら困りますね。どの参考書もこのプラグインを推奨しているので間違いはないでしょう。

LINEで送る
Pocket

タグ:

WordPressこれで学びました

  • WordPressの参考書は、制作ものが多いけど、この本はSEOに特化した割り切りが良い。初めてWordPress導入し、SEO対策をどうしようと悩んでいた時に購入しました。
     WordPressは基本的にはSEOに優れたCMSでありますが、能力を最大化するには、パーマリンク等のSEOに適した設定やSE対策のプラグインなどでパワーアップさせる必要があります。読んだ時は、目から鱗が落ちる内容で、当初はそのまま実践してました。
     また、WordPressだけでなく、基本的なSEO対策の本として、キーワードやタイトル設定なども勉強になりました。

コメントを残す