簡単に記事の公開期限を設定/WPプラグイン「Post Expirator」

post


WordPressプラグイン「Post Expirator」

記事の公開期限を設定できるプラグイン。

インストール方法

  • (1)管理画面左側「プラグイン」から「新規追加」でこのプラグインを検索
  • (2)「いますぐインストール」をクリック
  • (3)「プラグインを有効化」をクリックして有効に

インストール方法をもっと詳しく

参考までにダウンロードサイト

有効化後の設定、使い方

記事の登録画面の右サイドに、公開期限を設定するウイジェットが現れるので設定。

Post Expiratorプラグイン画像

通常と同じく普通に公開できる。

ex0002

6時間後確認すると、記事はなくなっていいる(自己申告ですが・・・)

ex0003

登録一覧を見ると、再び下書き状態に戻っています。

ex0004

まとめ

公開期限を設定したい記事に時間を設定するだけなのでシンプルですね。シチュエーションが分かりませんが、例えばイベントや、アンケート募集告知など、期限を過ぎて残っていると紛らわしいインフォメーションなどは使えそうです。

LINEで送る
Pocket

WordPressこれで学びました

  • WordPressの参考書は、制作ものが多いけど、この本はSEOに特化した割り切りが良い。初めてWordPress導入し、SEO対策をどうしようと悩んでいた時に購入しました。
     WordPressは基本的にはSEOに優れたCMSでありますが、能力を最大化するには、パーマリンク等のSEOに適した設定やSE対策のプラグインなどでパワーアップさせる必要があります。読んだ時は、目から鱗が落ちる内容で、当初はそのまま実践してました。
     また、WordPressだけでなく、基本的なSEO対策の本として、キーワードやタイトル設定なども勉強になりました。

コメントを残す