色別で管理画面でエディタを使い安く /WPプラグイン「Power Code Editor」

power


WordPressプラグイン「Power Code Editor」

管理画面のエディタを、HTMLやPHPなどのコードを色分けして見やすくしてくれるプラグイン。

インストールから有効まで

  • (1)管理画面左側「プラグイン」から「新規追加」でこのプラグインを検索
  • (2)「いますぐインストール」をクリック
  • (3)「プラグインを有効化」をクリックして有効に

はじめに

さっくと修正したい時は、管理画面でHTML編集する機会も多いと思います。

しかし、「外観」から「テーマ編集」の画面でソースを見てもかなり見づらい。

こんな感じ。

Power Code Editorの設定その1

修正する気が失せます。

そんな時は、このプラグインでちょっと見やすくしましょう。既成のエディターソフトのように、ソースが色分けされてかなり使いやすくなります。

有効化後の設定、使い方

特に設定は必要なく、有効化すれば利用できりるようになります。

先ほどのやつもこんな感じに変わりました。

Power Code Editorの設定その2

おお、ちょっと見やすくなりましたよね?

まとめ

ちょっと変更したいなど、そんな時はぜひ使いたい。なんとなくやる気になります。

LINEで送る
Pocket

タグ:

WordPressこれで学びました

  • WordPressの参考書は、制作ものが多いけど、この本はSEOに特化した割り切りが良い。初めてWordPress導入し、SEO対策をどうしようと悩んでいた時に購入しました。
     WordPressは基本的にはSEOに優れたCMSでありますが、能力を最大化するには、パーマリンク等のSEOに適した設定やSE対策のプラグインなどでパワーアップさせる必要があります。読んだ時は、目から鱗が落ちる内容で、当初はそのまま実践してました。
     また、WordPressだけでなく、基本的なSEO対策の本として、キーワードやタイトル設定なども勉強になりました。

コメントを残す