記事投稿を計画的に管理/WPプラグイン「WordPress Editorial Calendar」

carender


WordPressプラグイン「Editorial Calendar」

予約した投稿記事をカレンダー形式でビジュアルベースで計画的に管理できるプラグイン。

はじめに

 ブログを継続することは、非常に難しい。夏休み最後に駆け込んでやるタイプの私にとってはそら当然。ブログのアクセス増には、パズル(口コミ)で爆発すればという話もあるのですが、言うは易し。やっぱりみなさんが言うように、ブログ継続的に発信することは地味ですが王道なんです。こつこつと記事を増やせば、それだけ一つ一つ少ないながらもアクセス増に繋がっていくのです。
 時間的な余裕もない方は、時間があるときに記事を書き溜めておいて、予約投稿という形をとっていると思います。
 これでも問題はないのですが、いざ「あら?いつにしたっけ?」と一覧の日付を見て確認すると、WordPressのインターフェイスは、かなり見づらい。
 やはり予約投稿も分かりやすく管理した方がいい。そこでこのプラグインは、カレンダー形式でぱっと見で投稿予定をさっくと理解できる利点があります。

有効化後の設定、使い方

 まず記事を予約投稿します。
「Editorial Calendar」の利用方法記事投稿

 サイドバーの「投稿記事」の下の「カレンダー」をクリックすると、カレンダーが表示されますので、見ると、先ほど予約したものが白いゾーンに表示されます。

「Editorial Calendar」の利用方法ーカレンダー確認

まとめ

 ブログ更新もコツコツと継続するためには、「ご利用は計画的に」といったところでしょうか。ただ漫画家さんのように締め切りとか、そこまで追い込まれる必要はないと思うので、なんとなくビジュアルで管理できて便利ぐらいでいいかもしれません。

LINEで送る
Pocket

タグ:,

WordPressこれで学びました

  • WordPressの参考書は、制作ものが多いけど、この本はSEOに特化した割り切りが良い。初めてWordPress導入し、SEO対策をどうしようと悩んでいた時に購入しました。
     WordPressは基本的にはSEOに優れたCMSでありますが、能力を最大化するには、パーマリンク等のSEOに適した設定やSE対策のプラグインなどでパワーアップさせる必要があります。読んだ時は、目から鱗が落ちる内容で、当初はそのまま実践してました。
     また、WordPressだけでなく、基本的なSEO対策の本として、キーワードやタイトル設定なども勉強になりました。

コメントを残す