無料でも多機能バックアップ/WPプラグイン「BackWPup」

bc11


WordPressプラグインの「BackWPup」とは

データーベースだけでなく、ファイルやプラグインもバックアップでいる高機能なバックアップのプラグイン。

インストール方法

  • (1)管理画面左側「プラグイン」から「新規追加」でこのプラグインを検索
  • (2)「いますぐインストール」をクリック
  • (3)「プラグインを有効化」をクリックして有効に

インストール方法をもっと詳しく

参考までにダウンロードサイト

<主な特徴>

  • データーベースのバックアップ
  • XMLの出力
  • プラグインのバックアップ
  • データーベースの最適化
  • データーベースのチェックと修復
  • ファイルのバックアップ
  • Dropboxの連携も可能

はじめに

バックアップの必要性はわかっているけど、面倒でそのまま。バックアップや保険など、そのときにか大切さを感じない。しかし、それではいけないちょっとだけ反省し、運営サイトに徐々に導入しております。
 いぜん、
WP-DBManager
を紹介しましたが、こちらはプラグインなどもバックアップできるようで人気も高いようです。ファイルの移動など多少面倒いことも今回はしなくていいのでシンプルです。無料版と有料版がありますが、無料版でも最低限の機能は抑えているのでこれでもよさげです。

有効化後の設定、使い方

サイドバーに「BackWPup」が現れました。

bk00

「BackWPup」から、「Add New Job」をクリックし各種設定します。

bc00001

今回は外部のバックアップ用として「Dropbox」を選択。バックアップ対象もすべてにとりあえずしてみました。

次に、バックアップする時期を設定します。

BackWPupの画像

月に1回、毎日と自由に出来ますが、私は1週間に1度としてました。

その他の設定(DB Backup/DB Optimize/Files/XML export/Plugins)はデフォルトのままにしました。

今回は、外部のバックアップ用として、ドロップボックスの設定します。(絶対ではありません)
まず、Dropboxにログインした状態でクリック。
bk0004

Dropboxの連携の許可をクリック。

bk05

連携しました。

bc0006

設定は終了しました。

バックアップ設定が出来たかをテストします。

bk0007

バックアップをしているようです。

bk09

ログを見ると、記録されています。

bk10

FTPでバックアップファイルをを確認。

bk12

Dropboxの中も保存されてます。

bk14

「BackWPup」まとめ

 有料の方がいいのでしょうが、データーベースだけでなく、プラグインなどもバックアップさらに、Dropboxへの保存も可能なんて素敵です。

自分が使っているPHPのバージョンが5.2では無理だったので、5.4にあげたら可能でした。

LINEで送る
Pocket

タグ:

WordPressこれで学びました

  • WordPressの参考書は、制作ものが多いけど、この本はSEOに特化した割り切りが良い。初めてWordPress導入し、SEO対策をどうしようと悩んでいた時に購入しました。
     WordPressは基本的にはSEOに優れたCMSでありますが、能力を最大化するには、パーマリンク等のSEOに適した設定やSE対策のプラグインなどでパワーアップさせる必要があります。読んだ時は、目から鱗が落ちる内容で、当初はそのまま実践してました。
     また、WordPressだけでなく、基本的なSEO対策の本として、キーワードやタイトル設定なども勉強になりました。

コメントを残す