リンク切れを自動チェック/WPプラグイン「Broken Link Checker」

boken


WordPressプラグイン「Broken Link Checker」

サイト内のリンク切れをチェックして通知してくれるプラグイン。メール通知がくると、「しつこいよ」と突っ込みたい気持ちと、「お前、働いてるな」と感謝させる複雑なやつ(私だけでしょうが・・・)だが、ワードプレス使いは必須ですね。

<主な特徴>
  • 投稿、固定ページ、コメント、カスタムフィードまで監視
  • リンク切れ情報をダッシュボードとメールで通知
  • プラグイン項目からリンクを直接編集できる
  • ダッシュボードでリンク切れアイコン直感的に分かる

インストール方法

  • (1)管理画面左側「プラグイン」から「新規追加」でこのプラグインを検索
  • (2)「いますぐインストール」をクリック
  • (3)「プラグインを有効化」をクリックして有効に

インストール方法をもっと詳しく

参考までにダウンロードサイト

はじめに

 リンク切れって気づかないんです。その時は繋がってても、いつのまにか相手側のページが消えるから。そらそうです。教えてくれない一方通行な関係なのだから・・・。
 まー、とにかく放置してると、あれもこれもリンク切れなんて事態になりがちです。
もし自分のホームページに来た方がそれをクリックして、「あーなんだリンク切れかよ」ってよくある話。
 SEO的にもチェックしておくのは重要です。手動でチェックなんて大変だから、自動で定期的にチェックしてくれるこのプラグインは必須ですね。

以前ホームページのディレクトリ構造を変えたのですが、リンク切れ100個以上も発見し、修正するのに大活躍でした。

有効化後の設定、使い方

 設定画面からリンクの状態やメール通知の設定。私はデフォルトのまま、メール通知はリンクが切れてるのを放置してるとガンガンくるのでうざい方は外してください。
Broken Link Checker

リンクチェックの対象などを設定もできます。

Broken Link Checker

リンク切れ発生の場合

メール通知が設定がしてあれば、スパムメールのごとく送られてきます。(ありがたいんですが・・・)
Broken Link Checker
 
管理画面からは、「ルール」から「リンクエラーをチェック」をクリックとエラー詳細画面へ移行します。リンクエラー先のURL、リンクテキスト、リンク掲載のページ情報が表示されます。

 link0002

試しにリンク先をくりっくすると、やっはりリンク切れ。

Broken Link Checker04

 リンク元の自分のサイトを確認すると、やっぱりリンク切れ状態。

Broken Link Checker05

そこでリンク切れの対象箇所を修正する。

link0004

こうやって地味ですが解決します。

<チェックポイント>
URLの誤り・・・「URLを編集」
リンク切れのためリンクを解除・・・「リンク解除」
リンク切れでなく・・・「リンクエラーでない」

link0005

まとめ

リンク切れのメンテナンスは定期的にしたいですね。めんどくさくなって放置してたら、ほんとメールがくるわくるわ。そういう横着な人間にもありがたいです。どの本でも取り上げられているぜひものです。

LINEで送る
Pocket

タグ:,

WordPressこれで学びました

  • WordPressの参考書は、制作ものが多いけど、この本はSEOに特化した割り切りが良い。初めてWordPress導入し、SEO対策をどうしようと悩んでいた時に購入しました。
     WordPressは基本的にはSEOに優れたCMSでありますが、能力を最大化するには、パーマリンク等のSEOに適した設定やSE対策のプラグインなどでパワーアップさせる必要があります。読んだ時は、目から鱗が落ちる内容で、当初はそのまま実践してました。
     また、WordPressだけでなく、基本的なSEO対策の本として、キーワードやタイトル設定なども勉強になりました。

コメントを残す