今なぜWordPressなのか?

wordpress-eye10-600-350

CMSの本命WordPress

WordPressは、世界中でたくさんのユーザーが利用しているCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)です。

CMSとは

CMS(英: Content Management System)は、ウェブサイトの文章や画像入力を、管理画面を使って編集できる仕組みであり、更新頻度が多いブログサイトはもちろんのこと企業サイトまで導入されています。ブログに最適なWordPressやMovable TypeやECサイト向けのEC-CUBEなどが有名です。

<CMSを使うメリット>
  • サイトの更新者がHTMLに詳しくなくても可能
  • 更新の度に外部に委託しないため、コストの削減と速報性が向上
  • 更新する人が複数人でも管理しやすい

WordPressがシェアトップ

特にWordPressは、CMSの分野でフリーなオープンソースCMSとして登場するや、CMSのシェアの過半数を奪取した、今もっとも勢いのあるソフトウェアです。

 初心者から上級者まで人気の秘密は、使用はフリーであり敷居が低く、インストールや操作も比較的簡単、多数の参加者により情報が容易に検索でき、テーマやプラグインといったものでカスタマイズも出来るからです。

 今や、ブログサイトだけでなく、企業サイトに使用されるなど幅が広がっています。

無料(フリー)なオープンマインドコンセプト

 ワードプレスが急成長したのは、オープンソースで有名なリナックスOSのようなマインドで、世界中のあらゆる参加者達が自発的に協力し作り上げたからです。一方、一時期人気だったムーバブルタイプは、商用利用する場合費用が発生します。

 また技術的には、ウキメディアによると。

WordPress(ワードプレス)は、オープンソースのブログソフトウェアである。PHPで開発されており、データベース管理システムとしてMySQLを利用している(後述のプラグインよりSQLiteでの使用も可能)。単なるブログではなくCMSとしてもしばしば利用されている。b2/cafelogというソフトウェアの後継として開発された。GNU General Public License(GPL)の下で配布されている。
出典元:ウィキペディア「WordPress」より

とPHPやMySQLなど世界中で汎用性あるプログラム言語を使っており、その敷居の低さも拡大する要因です。今のiphoneのアプリビジネスと同じく、多数の作り手が参加できるシステムは重要です。

理系から文系まで参加ユーザーの多く、情報が収集が容易

 しかも、ワードプレスは、開発するプログラマー的な人間だけでなく、利用するブロガーさんなども参加しており、技術者のマニアック層以外の広がりがあるのが特徴です。

 インターネットで検索していると、ワードプレスでブログサイトをやっている方が多く驚かされます。

 文章を書くライター的な人も扱え、あらゆる人がそのノウハウを発信しているので、大抵のことはネットで解決できます。

テンプレートのカスタマイズも容易

 HP制作と思うと、身構えてしまうが、楽天やアメブロなどのブログサイトを経験した人ならすぐ使いこなせる。

 デフォルトのデザインを変えたければ、服を変えるのと同じように、テンプレート検索して気にったのを変えればOK。

 そのテンプレート上である程度のデザインの変更は可能です。もっとカスタマイズしようと思えば、そのノウハウはネットの中に多数あり、学ぶことが出来のです。

豊富なプラグイン

 やはりワードプレスの魅力的なのは、多数のプラグインです。

「これがあったら便利だろうな」と思うと、大抵誰かがプラグインを作成し作ってくれます。SEOに関するものやセキュリティ関連、さらには高速化支援など。便利すぎて入れすぎるのが、逆に怖くなるほど魅力があります。

最後に

 WordPressの情報サイトは多数ありますが、当サイトはプラグインスポットを当ててご紹介します。単にインストールしただけだと使えないものもあり、設定が難しいものもあります。
 気になるプラグインがあれば気軽に利用して遊んでみてください。

WordPressプラグイン基本編その他

 WordPressプラグインのその他の記事です。よろしければご覧ください。