スライドショーも!人気NO1ギャラリー/WPプラグイン「NextGEN Gallery」

nextgen00


WordPressプラグイン「NextGEN Gallery」

多彩なギャラリーを作れるプラグインです。スライドショーやサムネイル画像リストなど、WordPress標準ギャラリー以上にカスタマイズ性に優れ、ワンランク上のギャラリーを構築できます。

※旧バージョン1.9.13の説明です。
最新版の2.0以降の設定方法はこちらです。
2.0でギャラリーを作る!/WPプラグイン「NextGEN Gallery」
2.0で簡単アルバム作成/WPプラグイン「NextGEN Gallery2.0」

インストール方法

  • (1)管理画面左側「プラグイン」から「新規追加」でこのプラグインを検索
  • (2)「いますぐインストール」をクリック
  • (3)「プラグインを有効化」をクリックして有効に

インストール方法をもっと詳しく

参考までにダウンロードサイト

<注意>
 2014年3月12日、2.0.58にアップグレードしたらなぜか完治したようだ。(検証終了)
 12月12日、wp3.8にアップグレード。2.0.40を検証。イメージブラウザーは画像が表示されず。スライドショーは良好。アルバムは不具合のまま。1.9.13でスライドショーは機能せず。
 11月22日、1.9.13でアルバム機能がなぜか回復してます。wp3.7になったからかはわかりませんが・・・。スライドショーはいまだ機能せず。バージョン 2.0.33はアルバム不具合のまま。
10月28日、バージョン 2.0.33で検証するも不具合場所変わらず。しかもまだましだったバージョン 1.9.13が、WordPress3.7との相性かスライドショーが表示できず。
10月8日、バージョン 2.0.31で検証するも不具合場所変わらず。
9月23日、バージョン 2.0.30で検証するも不具合場所変わらず。
9月23日、バージョン 2.0.27で検証するも不具合場所変わらず。
 9月12日、バージョン 2.0.21で検証するも不具合場所変わらず。
 9月2日、バージョン 2.0.17で検証するも不具合場所変わらず。
 8月29日、バージョン 2.0.14で検証するも不具合場所変わらず。
 8月20日、バージョン 2.0.11で検証するも不具合場所変わらず。
 8月17日、2.0.07のバージョンで、SlideshowとThumbnailsは問題ないようですが、ImageBrowserは個別ページ遷移でエラーとなります。結局のところ1.9.13でもアルバムで個別ギャラリーエラーとなるし、WP3.6との相性の問題のようです。となると、過去プラグインのアップロードもあまり意味なく、修正のアップロードをとにかく待つだけの状態と思われます。ただ、日本語和訳のところと、ImageBrowserだけ、1.9.13がちょっとましかなレベルです。
 8月11日、2.0からバージョンを戻すのは、過去ファイルをダウンロードし、FTPでアップロードして上書きする方がよいらしい。管理画面上で直接削除すると写真データ等がなくなるようです。
 8月6日、1.9.13でアルバムの際に個別ページがエラーとなっています。
 8月2日、最新のバージョン2.0に不具合!! 大幅なアップデートのためか不具合が発生してるようです。現在アップデートやインストールは止めた方がいいと思われます。また日本語化もできなくなっています。
・下記のサイトから過去のバージョン1.9.13ダウンロードし、FTPからアップロードし復旧ないし、インストールしましょう。

nextgen-gallery過去のダウングレードのダウンロードサイト
※旧バージョン1.9.13の説明です。

はじめに

WordPress標準のギャラリーがちょっともの足りないと思っていないですか?

そんな悩みをさくっと解消してくれます。

「NextGEN Gallery」の公式にサイトによれば、このプラグインは、ギャラリープラグのNO1ダウンロード数を誇る人気があるという。

NextGEN Gallery is the most popular WordPress gallery plugin, and one of the most popular WordPress plugins of all time, with over 6 million downloads.
(公式より引用)
(訳)「NextGEN Galleryは、もっとも人気があるギャラリーのプラグイン。600万ダウロード超えてます。」

まーとにかくすげーんだぜってことです。

プチ自慢です。

実績をちょっと確認します。

nextgen001

600万どころか、現在7月では、760万ダウンロードを達成してます。

映画宣伝風だと、こんな感じでしょうか?

世界が認めた!!!
公開以来ギャラリー部門でぶっちぎりのダウンロードNO1!!
豪華なカスタマイズの競演でリピーター続出!

・・・とにかく。

こんな感じができるようです。

SLIDESHOW、IMAGEBROWSER、IMAGE LISTの3パターン。

公式デモサイト

 スライドショーも美しい。画像リストもいいですねー。

有効化後の設定、使い方

※この説明はバージョン1.9.13です。2.0以降はインターフェイスが変わっていますのでご注意ください。

まずは、設定上から日本語化できるので変えてしまいましょう。

日本語化

サイドバーの「Gallery」の「Overview」をクリックし、右にある「Translation」の「download」をクリックします。
NextGEN Galleryの設定その1

リロードしたら、日本語化されてました。

いやー楽です。

NextGEN Galleryの設定その2

ただし、バージョンアップの時には、まだ日本語対応のデータがない場合は日本語化されません。8月1日現在、最新のVersion 2.0は、まだデータはなく日本語化できませんでした。(どなかた有志の方により日本語化されているようです。何卒よろしくお願いします。)

ギャラリーの登録

ギャラリーの追加からタイトルを入力し、「ギャラリー追加」をクリッック。

NextGEN Galleryの設定その3

画像アップロードとなりますので、Choose files to uploadの「ファイルを選択」をクリックし、必要な画像を何枚か登録します。次のギャラリーへで、先ほど登録したギャラリー名を選択し、
ファイルをアップロードします。(ZIPファイルで一気に追加も出来る)

NextGEN Galleryの設定その4

アップロードされます。

NextGEN Galleryの設定その5

ギャラリーの管理を見ると登録されてます。

NextGEN Galleryの設定その6

ギャラリー名をクリックすると、詳細をさらに設定できます。

NextGEN Galleryの設定その7

ギャラリーの公開方法

投稿・固定ページでショートコード

下記のショートコードを記入すれば表示される。

●スライドショー

[slideshow id=1]

●イメージブラウザー

[imagebrowser id=1]

●リストギャラリー

[nggallery id=1]
※数字はギャラリーのID

投稿・固定ページでビジュアルエディタ

または、ビジュアルエディタ上からも可能。

下記アイコンをクリックします。

NextGEN Galleryの設定その8

ポップアップして画像の挿入画面で、ギャラリーやタイプなど選択し挿入。

NextGEN Galleryの設定その9

こんな感じで挿入されました。

NextGEN Galleryの設定その10

確認すると、

NextGEN Galleryの設定その11

デモ

サンプルデモです。

WPで作ったデモ

アルバムの登録方法

アルバムから、新規アルバム追加し、アルバムを選択し、アルバムに使うギャラリーを左サイドにドラッグしていき、更新ボタンを押します。

NextGEN Galleryの設定その12

アルバムの公開方法

投稿・固定ページでショートコード

●拡張

[nggalbum id=2 template=extend]

●コンパクト

[nggalbum id=2 template=compact]
※数字はアルバムのID

投稿・固定ページでビジュアルエディタ

先ほどと同じアイコンをクリックします。

NextGEN Galleryの設定その13

アルバムを選択し、挿入します。

NextGEN

こんな感じで登録できました。

NextGEN Galleryの設定その15

2パターンで表示されました。

NextGEN Galleryの設定その16

デモ

WPで作ったデモ

ウイジェットで表示する場合

外観からウイジェットで、ギャラリーを選択し、サイズなど設定します。

NextGEN Galleryの設定その17

公開ページで確認します。

NextGEN Galleryの設定その18

応用カスタマイズ(テンプレートタグで表示)

ショートコードを使わず、好きな場所で表示させたい場合に使えます。

こんな感じでいけるようです。

スライドショー

<?php 
if (function_exists("nggSlideshowWidget")) { nggSlideshowWidget(1,400,300); } 
?>
1=ギャラリーID(0にすると全て対象)
400=幅
300=高さ

ランダムイメージ

<?php
 if (function_exists("nggDisplayRandomImages")) { nggDisplayRandomImages(6,201,200); } 
?>
6=表示する枚数
201=幅
200=高さ

で、直接テンプレートタグを入力して、確認したら公開されました。

next34

まとめ

さすがに人気のプラグインだけあって奥が深い、基本ベースの他にカスタマイズも沢山あってどう使うんだと逆に悩んでしまうほど。
WordPressのギャラリーに不満を持っていた方は、試して見てもいいかもしれない。

追記

8月1、最新の2.0版だと、「Add Gallery / Images」で、フォルダごとアップロードが可能になりました。

next30

LINEで送る
Pocket

タグ:,

WordPressこれで学びました

  • WordPressの参考書は、制作ものが多いけど、この本はSEOに特化した割り切りが良い。初めてWordPress導入し、SEO対策をどうしようと悩んでいた時に購入しました。
     WordPressは基本的にはSEOに優れたCMSでありますが、能力を最大化するには、パーマリンク等のSEOに適した設定やSE対策のプラグインなどでパワーアップさせる必要があります。読んだ時は、目から鱗が落ちる内容で、当初はそのまま実践してました。
     また、WordPressだけでなく、基本的なSEO対策の本として、キーワードやタイトル設定なども勉強になりました。

コメントを残す