スマフォなどテンプレート自動切り替え/WPプラグイン「Multi Device Switcher」

mobileswit


WordPressプラグイン「Multi Device Switcher」

スマートフォンなどの各種倍大を自動判別し、別途媒体ごとにカスタマイズしたテンプレートに転送する切り替えプラグイン。

インストール方法

  • (1)管理画面左側「プラグイン」から「新規追加」でこのプラグインを検索
  • (2)「いますぐインストール」をクリック
  • (3)「プラグインを有効化」をクリックして有効に

インストール方法をもっと詳しく

参考までにダウンロードサイト

はじめに

PCはもう古いのか?

NHKニュースで高校生のスマフォ所有率50%超えというニュースを聞くと、スキーがスノボに変わったような感じと錯覚する。

「スキーって初心者がやると時間がかかるじゃん。スノボなら感覚的に簡単にすぐいけるし面白い」

そう、たしかにその通りだが、 原田知世主演の「私をスキーに連れてって」などスキーバブルで楽しんだ私にとっては寂しい。

小学校4年で富山県に転校し、初めて行ったスキー場は、転倒しまくりでリフトも止めるなどバットな思い出だった。

学校のスキー教室のために、必死にトレーニングし、なんとか人前に出せる程度にはなったが時間はかかった。

そんな地道な努力を積み上げてきたのに・・・。

スノボはモテそうで楽しそう。羨ましいが、今更やれない。

そんなノリをスマフォに感じるのは私だけ?

きっと今の若者はPCよりも、スマフォやタブレットで完結するかもしれない。

「だってPCって面倒くさいじゃん」

さて、本題です。

極端ですが、今後のインターネットは、スマフォやタブレット抜きには語れない事態になってきています。

当然、サイトのデザインもそれ用にしなければならないのですが、いろいろと大変。

レスポンシブウェブデザインならすべてワンユースでいけるのですが、まだまだ発展途上。

PC用の画像データとか強引に小さくしてるし。

既存サイトももっている方は、追加で新しくソマフォ用のサイトを作る場合もあると思います。

ただ、URLでモバイル用のアドレスになると、SEO的に分散されてしまうので損。

そこで、テンプレートだけ入れ替えれば。同じURLで、モバイルファースト的なテンプレートを作ればいいのでは。

このプラグインは、アクセスした媒体で自動判別し、それに適したテンプレートを表示してくれるやつです。

当然、テンプレートは作っていないと意味は無いですが。

こういう転送は別にWPでなくてもあるのですが、まあいろいろ設定が時間が掛かるし。

「楽でいいじゃん」 あれ?

有効化後の設定、使い方

プラグインの設定から各種ディバイスに合わせて選択する。

  • Smart Phone(スマフォ)
  • Tablet PC(タブレット)
  • Mobile Phone(フィーチャーフォン)
  • Game and custom(プレステなど)

MultiDeviceSwitcher

これだけです。

ユーザーエージェントゾーンで新しく媒体を追加することも可能の模様。

制作者様ありがとうございます。

詳しい使い方や経緯など書かれております。

ぜひチェックしてみてください。

ワンソース・マルチデバイスが実現する WordPress プラグイン「Multi Device Switcher」
<制作者のサイトから引用>
WordPress プラグイン「Multi Device Switcher」は WordPress のコンテンツマネジメントシステムを活かしてワンソース・マルチデバイスが実現するプラグインです。デバイス (現在 スマートフォン、タブレット端末、携帯モバイル、ゲームの 4 つに対応) によって自動的にテーマが切り替わります

LINEで送る
Pocket

タグ:

WordPressこれで学びました

  • WordPressの参考書は、制作ものが多いけど、この本はSEOに特化した割り切りが良い。初めてWordPress導入し、SEO対策をどうしようと悩んでいた時に購入しました。
     WordPressは基本的にはSEOに優れたCMSでありますが、能力を最大化するには、パーマリンク等のSEOに適した設定やSE対策のプラグインなどでパワーアップさせる必要があります。読んだ時は、目から鱗が落ちる内容で、当初はそのまま実践してました。
     また、WordPressだけでなく、基本的なSEO対策の本として、キーワードやタイトル設定なども勉強になりました。

コメントを残す