Googleインデックスに素早く登録/WPプラグイン「PubSubHubbub」

PubSubHubbubのトップ画像


WordPressプラグイン「PubSubHubbub」

Googleインデックスに素早く登録するSEO対策上便利なプラグイン

インストール方法

  • (1)管理画面左側「プラグイン」から「新規追加」でこのプラグインを検索
  • (2)「いますぐインストール」をクリック
  • (3)「プラグインを有効化」をクリックして有効に

インストール方法をもっと詳しく

参考までにダウンロードサイト

はじめに

 SEO対策では、Google検索エンジンにヒットするかが重要で私のサイトもほぼ9割くらいGoogleの検索エンジンからの訪問者が多数を占めています。

 SEO対策では、キーワードなどが重要ですが、その前に更新した記事を、Googleのロボットに見つけてもらう(※1クロール)、検索エンジンに登録(※2インデックス)しなければそもそも始まりません。

※1クロールされる=検索エンジンに見つけられる
検索エンジンは「クローラー」と呼ばれるプログラムで、ページのリンクからサイトを取得(クロール)しています。
※2インデックスされる=検索エンジンに情報を登録される
検索エンジンは新しいページを見つけるとページ情報をデータベースに登録(インデックス)します。ページ内容、titleタグ、altタグなどの主要なコンテンツタグや属性に含まれる情報も登録されます。

 よく分からないかもしれませんが、 下記のサイトで簡単に説明してくれています。

検索エンジンがインターネット上にあるWebサイトを見つけ出すことを「クロール」と言い、それを行うシステムプログラムを「クローラー、検索ロボット、スパイダー、サーチボット」などと呼びます。
このクロールによって見つけ出されたWebサイトが、Yahoo!・Googleなど、検索エンジンのデータベースに登録されるのが「インデックス」です。検索結果に反映されるためには、クロールによてインデックスされる必要があり、インデックスされた時点でようやく検索されるようになります。この過程を機械化して行っているのがロボット型検索エンジン(Yahoo!・Googleなど)で、人力でやるのがディレクトリ型検索エンジン(Yahoo!)です。ロボット型の検索エンジンでは、インデックスされるまでに、2~3週間ほどかかります。
また、通常のWebサイトよりも、アメブロなど大手のブログサービスで作成した各ページは、記事を更新するだけで、そのブログサービスの「カテゴリ」に入るため、クロールされやすくなるなるようです。
出典元:ALL FINE ホームページ専門ガイド「検索エンジンに知ってもらうクロールという概念
」より

 時間が経てばGoogleなどロボット型のインデックス登録されるけれど、出来れば早く登録されたい。

 早く登録されれば、キーワードがヒットして検索される可能性が高い(あくまで可能性ですが・・・)

 とくにトレンドネタだったらタイムリーさが命。

 このWordPressプラグイン「PubSubHubbub(パブサブハブバブ)」は、更新を自ら、検索エンジンなどに、プッシュし通知することで、通常は時間かかるインデックス登録を、更新したら、ほぼリアルタイムに登録されるようになるという仕組みなのです。

有効化後の設定、使い方

 単に有効化すればいいだけです。

登録されたかどうかを確認するには、いくつかあるのですが、Googleの検索上で直接入力で、
site:
の後に調べたい記事のURLを入力します。

こんな感じ。

PubSubHubbub01

表示されました。

まとめ

 設定は、いたって簡単です。有効化するだけで後は、勝手に検索エンジンに通知してくれるのですから楽ラクです。これによって、記事パクリサイト対策にもなり得るのであればやっておいて損はないでしょう。
 

LINEで送る
Pocket

WordPressこれで学びました

  • WordPressの参考書は、制作ものが多いけど、この本はSEOに特化した割り切りが良い。初めてWordPress導入し、SEO対策をどうしようと悩んでいた時に購入しました。
     WordPressは基本的にはSEOに優れたCMSでありますが、能力を最大化するには、パーマリンク等のSEOに適した設定やSE対策のプラグインなどでパワーアップさせる必要があります。読んだ時は、目から鱗が落ちる内容で、当初はそのまま実践してました。
     また、WordPressだけでなく、基本的なSEO対策の本として、キーワードやタイトル設定なども勉強になりました。

コメントを残す