タグのパーマリンクを美しく/WPプラグイン「WP-No-tag-base」

tag-eye


WordPressプラグイン「WP-No-tag-base」

タグのパーマリンクを変更してくれるプラグイン。

こういったパーマリンクに関しては、URLが変わるためSEO対策上、早めに導入した方がいいと思います。

インストール方法

  • (1)管理画面左側「プラグイン」から「新規追加」でこのプラグインを検索
  • (2)「いますぐインストール」をクリック
  • (3)「プラグインを有効化」をクリックして有効に

インストール方法をもっと詳しく

参考までにダウンロードサイト

はじめに

WordPressでは、カテゴリーのパーマリンクと同じく、タグも同様に特有の癖があって、パーマリンクが(/tag/my-tag/)という形になります。
 
 カテゴリーはこのプラグインを使って解決しました。

 

今回は、このタグ版であります。

このプラグインで、/tag/を消去してくれ、(my-tag/ )の形になって非常にスッキリとする。

階層を一つ上げることは、地味ですがSEO対策にもなります。

有効化後の設定、使い方

特になにも設定は必要なく、有効化すればOK。

ちょっと見てみます。

この投稿では、「jquery」というタグを入れています。

tag

サイトのURLを確認すると、/tag/jquery となっています。

tag01

有効化後は、/tag/が消えて、階層が一つ上がりました。

tag02

まとめ

 企業サイトなどキッチリしたものを作る際は、こいうった部分が気になるところです。「WP No Category Base」でカテゴリー部分を癖の解消とともに、セットで導入したい。

LINEで送る
Pocket

タグ:,

WordPressこれで学びました

  • WordPressの参考書は、制作ものが多いけど、この本はSEOに特化した割り切りが良い。初めてWordPress導入し、SEO対策をどうしようと悩んでいた時に購入しました。
     WordPressは基本的にはSEOに優れたCMSでありますが、能力を最大化するには、パーマリンク等のSEOに適した設定やSE対策のプラグインなどでパワーアップさせる必要があります。読んだ時は、目から鱗が落ちる内容で、当初はそのまま実践してました。
     また、WordPressだけでなく、基本的なSEO対策の本として、キーワードやタイトル設定なども勉強になりました。

コメントを残す