APIキー取得でコメントスパム対策/WPプラグイン「Akismet」

「Akismet」のタイトル


WordPressプラグイン「Akismet」

Akismetのサーバを介して、投稿記事への訪問者のコメントがスパムであるかどうかをチェックするプラグイン。

インストール方法

  • (1)管理画面左側「プラグイン」から「新規追加」でこのプラグインを検索
  • (2)「いますぐインストール」をクリック
  • (3)「プラグインを有効化」をクリックして有効に

インストール方法をもっと詳しく

参考までにダウンロードサイト

はじめに

 WordPressをインストールすると、デフォルトで入っているプラグインで、コメントスパム対策に使えます。

 「アクセスなくて、そもそもコメントされないから関係ない」って方もいるでしょうが、自分はまったくアクセスがないときに、見慣れない英語のコメントがガンガン入って驚いたことがありました。
 
 いやー、気持ち悪いし、とにかく、うざい。いちいち削除するのもかなりメンドイのです。

 だから、コメントスパム対策はブログ公開とともに早めにやるべきです。デフォルトで入っているということは、「それは当然入れろよな」というWP様のメッセージなのでしょう。

 ただ単に有効化しても使えません。利用するにはAKismetのAPI キーの取得が必要となりますのでで登録等やらなければなりません。

 多少面倒ですが、流れにそってやればスムーズに手続きは終了します。

 AKismet API キーを一つ取得すれば、別の運営するサイトでも使用できますので、ぜひゲットしましょう。

有効化後の設定、使い方

APIキーの取得方法

有効化すると、上にメッセージが表示されます。アカウント有効化をクリックします。
Akismetの設定その1

「新しいAKismetのキーを作成する」をクリックします。
Akismetの設定その2

「Get an AKismet API key」をクリックします。
Akismetの設定その3

メールアドレス、ユーザーネーム、パスワードを入力し、「Sign up」をクリックします。
AKismetの設定その4

送られてきたメールを確認し、「ActivateAccount」をクリックし、アカウントを有効化します。
AKismetの設定その5

次の画面で利用コースを選択します。非営利の場合は一番右の「SIGN UP」をクリックします。
AKismetの設定その6

なんかクレジット入力画面になりますが、慌てず右のバーを左にスライドさせ、$Oにします。
AKismetの設定その7

費用が$Oになったのを確認したら、名前を入力し、「continu」をクリックします。
AKismetの設定その8

APIキーを取得しました。

再度、プラグインリストのAkismetの設定画面を開きます。今度は下にある「キーをすでに持っている」をクリックします。
「Akismet」の設定その10

コピーしたAPIキーを貼付け、変更をクリックします。
Akismet」の設定その11

設定は完了しました。有効化されていす。

akismet32

ここで、コメントスパム自動削除など変更できます。

まとめ

 WordPressプラグイン「Akismet」は、インストールすると、デフォルトに入っているコメントスパム対策であり、非常に人気があります。
 これでうざい英語のコメントスパムから解放されるとしたら気分的に爽やかになります。
 APIキー取得は多少面倒ですが、他のサイトも使えるのでぜひ取得して設定すべきです。

LINEで送る
Pocket

タグ:

WordPressこれで学びました

  • WordPressの参考書は、制作ものが多いけど、この本はSEOに特化した割り切りが良い。初めてWordPress導入し、SEO対策をどうしようと悩んでいた時に購入しました。
     WordPressは基本的にはSEOに優れたCMSでありますが、能力を最大化するには、パーマリンク等のSEOに適した設定やSE対策のプラグインなどでパワーアップさせる必要があります。読んだ時は、目から鱗が落ちる内容で、当初はそのまま実践してました。
     また、WordPressだけでなく、基本的なSEO対策の本として、キーワードやタイトル設定なども勉強になりました。

コメントを残す