管理画面から簡単バナー設置/WPプラグイン「Image Widget」

image0000


WordPressプラグイン「Image Widget」の設定

バナー (banner) を管理画面から簡単に設置できるプラグイン。特集ページをちょっと目立たせたい時など効果的です。

インストール方法

  • (1)管理画面左側「プラグイン」から「新規追加」でこのプラグインを検索
  • (2)「いますぐインストール」をクリック
  • (3)「プラグインを有効化」をクリックして有効に

インストール方法をもっと詳しく

参考までにダウンロードサイト

はじめに

 サイドバーなどのバナーってグーグルなどの広告なども多いのですが、自社のサイトの特集ページ用のバナーという形もあります。
 WordPressでいざバナーを設置しようとすると、テキストウイジェットにHTMLを書いてとか、直接ファイルに書き込むとか、ちょっとメンドイ。
 これは、管理画面で出来るので、スムーズで楽です。HTMLに触る必要もないので、壊れるなどのリスクのありません。

 バナーを更新する頻度が高いなどの場合は重宝するかもしれません。

※バナー (banner) はウェブページ上で他のウェブサイトを紹介する役割をもつ画像(アイコンの一種)のこと。主に広告・宣伝用に作られ、ウェブサイトへのハイパーリンク用にも利用される。(Wikipedia)

有効化後の設定、使い方

 管理画面の「外観」→「ウィジェット」を開きます。
「Image Widget」の設定その1

まず画像をクリックします。

「Image Widget」の設定その2

用意していたバナー用の画像ファイルをアップロードするか、既にアップロードしたメディアライブラリーから選択し、ウイジェットに挿入をクリックします。

WordPressプラグイン「Image Widget」設定その3

画像が登録されたので、後は各種項目を入力します。

「Image Widget」の設定その3

これで設定は終了。

では、公開のサイトを確認すると、表示れました。

「Image Widget」の設定その4

んーあっさり。

まとめ

WordPressプラグイン「Image Widget」は、直感操作でさくっと設置できます。管理画面で出来るのでHTMLに詳しくない方でも運用は可能でしょう。もしバナーを使うことがあればありです。シンプルイズベスト。

LINEで送る
Pocket

タグ:

WordPressこれで学びました

  • WordPressの参考書は、制作ものが多いけど、この本はSEOに特化した割り切りが良い。初めてWordPress導入し、SEO対策をどうしようと悩んでいた時に購入しました。
     WordPressは基本的にはSEOに優れたCMSでありますが、能力を最大化するには、パーマリンク等のSEOに適した設定やSE対策のプラグインなどでパワーアップさせる必要があります。読んだ時は、目から鱗が落ちる内容で、当初はそのまま実践してました。
     また、WordPressだけでなく、基本的なSEO対策の本として、キーワードやタイトル設定なども勉強になりました。

コメントを残す