画像最適化で高速に/WPプラグイン「EWWW Image Optimizer」

EWWW Image Optimizerのタイトル画像


WordPressプラグイン「EWWW Image Optimizer」

画像サイズを最適化し、サイトの高速化に役に立つプラグイン。投稿画像のアップロードの際に、または、過去のアップロード画像を一括して最適化してくれるので便利です。ギャラリープラグインで有名な「nextGEN Gallery」や「GRAND FlAGallery」も対応し、画像のサイズが圧縮されても見た目は変わらないなどメリットが豊富です。

<主な特徴>
  • ページの読み込みが速くなる
  • サーバーの容量軽減につながる
  • 大量の画像を一気に変換できる
  • PNG画像も最適化できる
  • 管理画面から簡単操作
  • 「nextGEN Gallery」や「GRAND FlAGallery」も対応

インストール方法

  • (1)管理画面左側「プラグイン」から「新規追加」でこのプラグインを検索
  • (2)「いますぐインストール」をクリック
  • (3)「プラグインを有効化」をクリックして有効に

インストール方法をもっと詳しく

参考までにダウンロードサイト

はじめに

 改めて言うまでもありませんが、画像サイズが大きければ、読み込む時に時間がかかりますので、できる限り画像サイズを圧縮してサイトにアップするのが鉄則です。

 ただ、やはり横着人間には辛い。

 一枚一枚の画像ごとに、ソフトを起動し削減することも、または、画像圧縮の有名サイトである米国Yahoo!のサービス「Smush.it」を使い、一枚一枚の画像をアップロードして、最適化された画像をダウンロードすることもメンドイ。

だからWordPressプラグイン「Smush.it」を使って過去画像の一気変換をしていました。

しかし、正直不安定だった。「WP Smush.it」は一括変換すると、固まることも多く、普段も有効化していると、個別の画像アップロードが出来なくなったりと不具合が多かった。
なので私は、普段は無効にして、必要な時に有効化するような使い方をしていました。

 そんな時、twitterを徘徊していたらこれれを発見。

@yama_guroさんありがとうございます。

 もしやと一筋の光を確信して「EWWW Image Optimizer」を調べました。

 トライする価値ありそう。

「EWWW Image Optimizer」と「WP Smush.it」の違い

 そもそもWordPressプラグイン「EWWW Image Optimizer」と「WP Smush.it」は何が違うのって?ことですが、下記のサイトから詳しく知ることが出来ました。

ちょっと前はSmash.itがこの分野では有名でしたが如何せん外部APIを使うものだから時間がかかる。一括変換がうまくいかないなど問題がありました。
〜〜
EWWW Image Optimizer。なにやらオープンソースの画像最適化スクリプトを組み込んでいて、WordPress内の画像をそれぞれか一括で最適化するプラグインのようです。Exifなどメタ情報の削除、画質の最適化などをするようですね。
出典元:まちいく「WordPressの画像を最適化して高速化に寄与するプラグイン」より

つまり、「EWWW Image Optimizer」は内部で、「WP Smush.it」は外部処理の差があるということで処理速度の差があるということです。

なんか期待できそうです。

さっそくトライしてみました。
 

有効化後の設定、使い方

※この説明はバージョン3.5.2です。

 

過去の画像の一括変換

 
 トータル画像数が表示されているのを確認し、メディアの「Bulk Optimize」をクリックします。
「EWWW Image Optimizer」の設定その1

 圧縮作業が始まりました。 ゆっくりですが、確実に進んでおります。バーも増える様子が見えます。
「EWWW Image Optimizer」の設定その2

 今回は15分くらいしてから終了しました。
「EWWW Image Optimizer」の設定その3

 メディアライブラリーで確認しますと、画像の右の部分で削減結果が表示されてます。
「EWWW Image Optimizer」の設定その4
 
楽ですねー。これは良い。

 

画像アップロード時の個別変換

 有効化したままで、特に通常と同じようにするだけです。投稿する際に、画像をアップロードします。「WP Smush.it」はこの時にフリーズしまくり、なぜか画像アップロードできない事態となりました。

 しかし、さくっとアップロード完了。
「EWWW Image Optimizer」の設定その5

 「ホントに?」と疑いつつ、メディアライブラリーで確認すると、たしかに圧縮してました。
「EWWW Image Optimizer」の設定その6

 「おおー」とちょっと感動。たしかに安定してます。

オプション変更

サイドバーの設定から「EWWW Image Optimizer」 で設定が変えられます。optipng optimization level(最適化のレベル)を変えることも出来ます。
PNGからJPGへなどの変換などもありますが、デフォルトのままで大丈夫でしょう。

まとめ

 WordPressプラグイン「EWWW Image Optimizer」と「WP Smush.it」を比較すると、過去画像すべての一括変換に関しては優勢。「WP Smush.it」より、安定感もあり時間も速く感じました。
 また個別の投稿ごとの画像アップロードに関しては圧勝。フリーズばかりだった「WP Smush.it」に比べて、普段通りにアップロードしてるだけで圧縮終了。これなら常時有効化していても問題ないような軽快さでした。

LINEで送る
Pocket

タグ:,

WordPressこれで学びました

  • WordPressの参考書は、制作ものが多いけど、この本はSEOに特化した割り切りが良い。初めてWordPress導入し、SEO対策をどうしようと悩んでいた時に購入しました。
     WordPressは基本的にはSEOに優れたCMSでありますが、能力を最大化するには、パーマリンク等のSEOに適した設定やSE対策のプラグインなどでパワーアップさせる必要があります。読んだ時は、目から鱗が落ちる内容で、当初はそのまま実践してました。
     また、WordPressだけでなく、基本的なSEO対策の本として、キーワードやタイトル設定なども勉強になりました。

コメントを残す