画像最適化で高速化/WPプラグイン「wp-smushit」

wp-smushitのタイトル


WordPressプラグイン「wp-smushit」とは、

メディアライブラリーや、画像アップロード時に画像を最適化してくれるプラグイン。

インストール方法

  • (1)管理画面左側「プラグイン」から「新規追加」でこのプラグインを検索
  • (2)「いますぐインストール」をクリック
  • (3)「プラグインを有効化」をクリックして有効に

インストール方法をもっと詳しく

参考までにダウンロードサイト

はじめに

 画像の最適化はサーバーの容量を減らすだけでなく、レスポンスのアップにつながり高速化に貢献します。ブロードバンド時代であっても、できるだけ画像に関しては少なくするのがいいのです。

 画像最適化についての改善ポイントを引用します。

<画像最適化を行う上で改善できるポイント>
●ファイルサイズを抑える

  • それぞれの画像形式について特性を知り、適切な画像形式を選択する
  • ムダなメタデータの削除する
  • 人の目には分からない程度に画質を調整し、ファイルサイズを抑える

●リクエスト数の削減

  • インラインイメージを利用する(HTML・CSS)
  • CSS Spriteを利用する
  • SVGでHTMLに埋め込む
  • Webフォントアイコンを利用する
  • イメージマップを利用する
  • 画像を使わずCSS3で対応する

●レンダリングの負荷軽減

  • 実際の表示サイズと画像のサイズを合わせる
  • 画像のサイズ(width,height)を指定する

引用元:「Webサイト高速化に必要な画像形式の基礎知識

 いろいろやることはあるのですが、まずは簡単なとこだとファイルサイズです。これを少なくしましょう。

 つまり画像の最適化です。

 今は、見た目ほとんど変わらないのに画像を最適化してくれるオンライン上のサービスがあります。

 例えば有名どころの画像圧縮サービスがあります。

 などがある。

 やってみると、効果もあり非常にありがたいのですが、一枚一枚画像をアップロードして、ダウンロードしてなど、作業的に時間がかかります。

 このプラグインは、米Yahooの運営する画像圧縮サービス「Smush.it」に画像転送し、WordPress上で完結してくれるので楽です。

有効化後の設定、使い方

管理画面の「メディア」>「Bulk WP Smush.it」でクリックする一括処理が実行されます。

Bulk-Smush.it01

メディアライブラリーなどに入っている画像の数によって処理時間が異なりますが、「フリーズした?」と勘違いしそうなほど動きがありませんので、待ちましょう。ログアウトしたら途中で終了しますので耐えるのです。

圧縮結果は、メディアライブラリーで確認できます。

Bulk-Smush.it03

とまあ、うまくいけばいいですが、よく失敗します。そんな時は個別にお願いします。メディアライブラリーを開き、「Smush.it now!」ボタンをクリックします。

Bulk-Smush.it02

まとめ

 ワンクリックで過去までひっくるめて勝手にしてくれるので非常に便利です。ただし、使わない時は無効にした方がいいと思います。

 <使わない時は無効にした方がいいと思う理由>
 というのも投稿記事をアップロードする時の処理の不具合が多い。リサイズしなかったり、時間がかかってしまうことが多々あります。時間があるときに一気に処理するのが便利な使い方と思われます。
LINEで送る
Pocket

タグ:,

WordPressこれで学びました

  • WordPressの参考書は、制作ものが多いけど、この本はSEOに特化した割り切りが良い。初めてWordPress導入し、SEO対策をどうしようと悩んでいた時に購入しました。
     WordPressは基本的にはSEOに優れたCMSでありますが、能力を最大化するには、パーマリンク等のSEOに適した設定やSE対策のプラグインなどでパワーアップさせる必要があります。読んだ時は、目から鱗が落ちる内容で、当初はそのまま実践してました。
     また、WordPressだけでなく、基本的なSEO対策の本として、キーワードやタイトル設定なども勉強になりました。

コメントを残す