更新pingをコントロール/WPプラグイン「WordPress ping Optimizer」

WordPress ping Optimizerのタイトル画像


WordPressプラグイン「WordPress ping Optimizer」

記事更新時の不必要なPing送信をさせないプラグイン。さらに、送信されたpingのログが残るので現在使用できるpingサーバーを把握できるようになります。

インストール方法

  • (1)管理画面左側「プラグイン」から「新規追加」でこのプラグインを検索
  • (2)「いますぐインストール」をクリック
  • (3)「プラグインを有効化」をクリックして有効に

インストール方法をもっと詳しく

参考までにダウンロードサイト

<特徴>
  • 一度送信した記事の再編集時にping送信しない
  • 予約した記事も公開時にping送信する
  • 送信した履歴を一覧を確認できる

はじめに

 WordPressは、投稿記事を更新する際に、あからじめ設定したPing送信先に、記事のタイトルやURL情報を自動で通知しています。

 「その、送ったからどうなの?」ってことですが、更新情報を知らせることで、グーグルなど検索エンジンへのインデックス化(登録)を促進に役立ちます。

 WordPressのpingについては。

WordPress は投稿を作成・更新する度にXML-RPC ping を送信することによって、ブログが更新されたことを人気のある更新情報サービスに自動的に通知します。更新情報サービスは順番にこうした ping を処理し、独自のインデックスを更新します。これにより、読者はGoogle ブログ検索や Yahoo! ブログ検索のようなサイトからあなたの最新の投稿を発見できます。
出典元:ウィキペディア「更新通知サービス」より

 と書かれています。

 だからといって、アクセスが急増することはないと思いますが、SEO対策上やっておいて損はないアプローチだと思います。

 このping送信の設定は、通常の場合、「投稿設定」で、「更新情報サービス」というところに、ping先を貼付けます。

WordPress ping Optimizerの設定その1

これで自動的に勝手にやってくれます。

ちなみに、ping送信先は、
更新通知サービス
を参考にしました。

ただ、私はこのリストに加えて、自分のランキングサイトなどping送信先など加えてリストを変えています。

例えば、

ブログ村
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

記事を更新すると、こちらのサイトの一覧で私の記事タイトルが公開されます。そちらからのアクセスもあるのでありがたいですね。

 WordPressは、設定すれば自動でpng送信してくれるありがたいやつなのですが、実は、公開時だけでなく、その後も再編集する度に、何度も何度もping送信してしまう癖があります。

 これにより、スパム判定される可能性があり、そうなると例えばグーグルのランキングに影響があったりと、非常に怖いことになるようです。

 これを使ってない時に、スパム扱いにされた経験もないので、ほんとなのか?検証できないので、そこまで神経質になる必要もないかもしれないですが・・・。更新ボタンの連打とかでスパムになるのだるか?はて。

 ただ、そんな最悪のパターンを無くしてしまうのが、このWordPressプラグイン「WordPress ping Optimizer」です。

  再編集時もping送信されなくなります。

 でも、私が重宝してるのは、結果の履歴が残ることでしょうか? 送られたかどうかを確認できるので、どのpingサーバーが現在使えないかなどの検証になります。
 
 

有効化後の設定、使い方

 設定の「WordPress ping Optimizer」から、pingサーバーを入力する欄がありますので、こちらに貼付け、「Enable pinging」をチェックしてセーブします。(忘れずに)

 WordPress ping Optimizerの設定その2

 これで設定は終了です。

pingログの確認

 設定画面で、送信したログを確認できます。

WordPress ping Optimizerの設定その3

 公開すると、pingサーバーの結果も表示されますので確認します。

 WordPress ping Optimizerの設定その4

赤いのが使えないサーバーですので、基本的にリストから除外して、pingサーバーリストをクリーニングできます。(今回だけの可能性もあるので、何度か検証するといいかもしれません。)

まとめ

 SEO対策上、地味ですが、間接的に効果をもたらす可能性がありますので、やっておいて損はないと思われます。実際にアクセスランキングとかに記事が更新されない時に、ping送ってんのかな?と確認する時にチェックしてました。
  

LINEで送る
Pocket

タグ:

WordPressこれで学びました

  • WordPressの参考書は、制作ものが多いけど、この本はSEOに特化した割り切りが良い。初めてWordPress導入し、SEO対策をどうしようと悩んでいた時に購入しました。
     WordPressは基本的にはSEOに優れたCMSでありますが、能力を最大化するには、パーマリンク等のSEOに適した設定やSE対策のプラグインなどでパワーアップさせる必要があります。読んだ時は、目から鱗が落ちる内容で、当初はそのまま実践してました。
     また、WordPressだけでなく、基本的なSEO対策の本として、キーワードやタイトル設定なども勉強になりました。

コメントを残す