WP弱点補強!20以上カスタマイズ/WPプラグイン「WP Total Hacks」

ポップな辰


WordPressプラグイン「WP Total Hacks」

20項目以上カスタマイズ出来るプラグイン。通常は、functions.phpなどで変更するところを、プログラム知識なしでも変更できるのです。

インストール方法

  • (1)管理画面左側「プラグイン」から「新規追加」でこのプラグインを検索
  • (2)「いますぐインストール」をクリック
  • (3)「プラグインを有効化」をクリックして有効に

インストール方法をもっと詳しく

参考までにダウンロードサイト

【変更可能な項目】

  • favicon.icoの設定
  • apple-touch-iconの設定
  • 管理画面ヘッダーのWordPressロゴの変更
  • 管理画面フッターのテキストの変更
  • ログイン画面のWordPressロゴの変更
  • 不要なMetaタグの削除
  • 投稿ページ上のメタボックスを個別に選択して削除
  • ダッシュボードウィジェットを個別に選択して削除
  • リビジョンの保存件数の選択機能
  • 自動セーブの無効化
  • セルフピンバックの停止
  • デフォルトのメールアドレス(wordpress@example.com)のカスタマイズ
  • Admin以外のユーザーに対するアップデート通知の無効化

(参照:http://freephoto.bizutart.com/)

はじめに

 ワードプレスは、様々な機能がありますが、不要な物も多く、その度にfunctions.phpなどに記述してサービス停止したりしないといけないのですが、かなりメンドイ。
 このプラグインは、そんなワードプレス使いの手間を解消していくれるありがたいものです。20項目以上の設定変更など、クライアントに納品した時のことも考えている優れものです。
 一個どころかなんこも使える項目がありますのでデフォルトにしたい必須ものです。 

有効化後の設定、使い方

設定の「WP Total Hacks」からビジュアルベースでさくさくできます。

WP-Total-Hack01

WP-Total-Hacks02

WP-Total-Hacks03

WP-Total-Hacks04

「WP Total Hacks」まとめ

 リビジョン件数やセルフピンバックの停止など、ワードプレス使いにはいらないような項目を簡単に変更できるのはありがたいです。管理画面のロゴなど納品先のことまで考えてくれてるのはすごい。

LINEで送る
Pocket

WordPressこれで学びました

  • WordPressの参考書は、制作ものが多いけど、この本はSEOに特化した割り切りが良い。初めてWordPress導入し、SEO対策をどうしようと悩んでいた時に購入しました。
     WordPressは基本的にはSEOに優れたCMSでありますが、能力を最大化するには、パーマリンク等のSEOに適した設定やSE対策のプラグインなどでパワーアップさせる必要があります。読んだ時は、目から鱗が落ちる内容で、当初はそのまま実践してました。
     また、WordPressだけでなく、基本的なSEO対策の本として、キーワードやタイトル設定なども勉強になりました。

コメントを残す