直感操作のイメージスライダー/WPプ ラグイン「Meteor Slides」

Meteor Slidesのタイトル画像


WordPressプラグイン「Meteor Slides」とは

直感操作でイメージスライダーが実装できるプラグイン。レスポンシブなテーマにも対応し、スマートフォンなどどんな媒体でも利用可能。設定の変更などシンプルな操作でスライドショー出来るのが魅力です。

<主な特徴>

  • ショートコード、テンプレートタグ、ウイジェットから設定できる簡単さ
  • モバイルやタブレットなどどんな媒体にも適応する
  • 複数作ることが出来る
  • 管理画面から、スライダーの動きなど詳細設定を変更可能

インストール方法

  • (1)管理画面左側「プラグイン」から「新規追加」でこのプラグインを検索
  • (2)「いますぐインストール」をクリック
  • (3)「プラグインを有効化」をクリックして有効に

インストール方法をもっと詳しく

参考までにダウンロードサイト

はじめに

いろんなスライダーがありますが、なんだかんだ使いやすいのがいいです。ふわっと切り替わるなどスライドショーは目につきやすく、いやまサイトの定番アイテムとなっています。
このプラグインは、直感でさくっと出来るのがありがたい。自分の運営サイトでもよく使っているのがこの「Meteor Slides」です。

日本語化

デフォルトの設定画面は英語ですが、せっかくなら日本語にしちゃいましょう。

/wp-content/plugins/meteor-slides/languages から「meteor-slides-ja_JA.mo」のファイルを、FTPソフトを使ってローカルにダウンロードし、「meteor-slides-ja.mo」と名前を変更し、再度アプローロードすれば日本語になります。

参考です。
『Meteor Slides』プラグインの日本語化
ありがとうございます。

有効化後の設定、使い方

サイドの新規追加から、画像を登録し、必要ならタイトルやリンクなど付けて、公開します。

Meteor Slides

これをスライドさせる画像の数だけ、繰り返して登録します。

meto02

サイドバーの「スライド」の「設定」をクリックし、スライドの幅や高さ、表示の速さなど各種設定を行います。

これで設定は終了。

meto0003

ちなみにスライドの効果もこんなにあります。定番のフェイドなど26種類も。使うのか?と思うほど豊富です。お好きなものを選択しましょう。

meta

公開方法

固定や投稿ページなどに加える場合はショートコードを記入します。

[meteor_slideshow]

直接PHPページに書き込む場合は下記のコードを記入します。

<?php if ( function_exists( 'meteor_slideshow' ) ) { meteor_slideshow(); } ?>

確認すると、ちゃんと公開されました。

meto04

これを使用している自分のギャラリーサイト

複数のスライドを設置したい場合

 2個以上のスライダーを設置することも可能です。

 複数使う場合は、カテゴリー毎にスライダーの画像を変えたいとか、そういう場合でしょうか?商品紹介のページと、会社概要のページとかで分けるとか。

 とにかく、設置の方法です。

 サイドバーの「スライドショー」から、必要なスライドを追加します。スラッグはタグで使うので英語の方が後々いいです。

 試しに、スラッグがslide01と、slide02の2つを登録しました。

meta0010

「スライド」から登録画像の一覧が表示されるので、画像を選択し編集画面で、右下のスライドショーから、使う対象のスライドを選択します。(カテゴリーのような感じ)

meta0011

その後、このスライダーのスラッグを使って下記のショートコードやテンプレートタグを使って公開します。

例えば、slide01のスライドを利用する時、

ショートコードの場合は、

[meteor_slideshow slideshow="slide01"]
slideshow=”●●”の部分で、スライドショーのスラッグを入れる。

テンプレートタグ(直接PHPページに書き込む)の場合は下記のコードを記入します。

<?php if ( function_exists( 'meteor_slideshow' ) ) { meteor_slideshow( "slide01", "" ); } ?>

これで必要なslide01にチェックした画像だけが表示されます。

まとめ

 スライダーのプラグインはいろいろありますが、「Meteor Slides」は直感的にすぐ出来ます。シンプルだけど複数もいけるなんて素敵です。レスポンシブなのも今時でありがたい。

LINEで送る
Pocket

タグ:,

WordPressこれで学びました

  • WordPressの参考書は、制作ものが多いけど、この本はSEOに特化した割り切りが良い。初めてWordPress導入し、SEO対策をどうしようと悩んでいた時に購入しました。
     WordPressは基本的にはSEOに優れたCMSでありますが、能力を最大化するには、パーマリンク等のSEOに適した設定やSE対策のプラグインなどでパワーアップさせる必要があります。読んだ時は、目から鱗が落ちる内容で、当初はそのまま実践してました。
     また、WordPressだけでなく、基本的なSEO対策の本として、キーワードやタイトル設定なども勉強になりました。

コメントを残す