憧れのスライダーを簡単に/WPプラグイン「Easing Slider “Lite”」の使い方

「Easing Slider “Lite”」のアイキャッチ画像


WordPressプラグイン「Easing Slider “Lite”」とは

特にjqueryなどの知識も必要なく、管理画面上で憧れのイメージスライダーが実装できるプラグイン。シンプルかつ軽く、ビジュアル操作でスタイルをカスタマイズできるのが特徴です。

<主な特徴>
  • Easing Sliderの無料版
  • レスポンシブ&モバイル対応
  • 軽い(ベーシックコード16kb)
  • 矢印ナビゲーションとページ送り装備
  • ローディング読み込み機能
  • CSS transitionsを使用
  • ビジュアル編集で基本スタイルをカスタマイズ

インストール方法

  • (1)管理画面左側「プラグイン」から「新規追加」でこのプラグインを検索
  • (2)「いますぐインストール」をクリック
  • (3)「プラグインを有効化」をクリックして有効に

インストール方法をもっと詳しく

参考までにダウンロードサイト

はじめに

 昔ならやらなかった企業サイトさえも、トップページで自社の商品画像などや自社のイメージ画像をスライド(またはフェイド)させて視覚性を上げ、訪問者を引きつけるようなサイトになっています。
 そういった意味でこのイメージスライダーはもはや定番中の定番なので、リニューアルあればぜひ導入したいものです。

 例えばこんな感じ。

Easing Slider Liteのサンプル

jqueryなども多数のプラグインもありますが、多機能でなければ簡単に設置できるものがいいでしょう。

 スライダーは当然ですが、レスポンシブにも対応しているようですので、最近のトレンドもおさえています。

有効化後の設定、使い方

管理画面に現れる「SlideShow」から何枚か画像をアップロードする。

Easing Slider

ファイルをアップロードする。

Easing Slider

スライドショーに登録します。

Easing Slider

スライドショーに必要な画像を登録し、右にある各種設定を行う。

Easing Slider

表示の効果設定でフェイドとスライドか、時間を設定する。

Easing Slider

矢印ナビゲーションの設定。必要なければDisableを選択。

Easing Slider

ページナビのアイコンの設定。必要なければDisableを選択。

Easing Slider

自動モード設定(繰り返し)。1回だけならDisableを選択。

Easing Slider

ほとんどデフォルトでいじってませんが、後はセーブをして設定は終了です。

設置方法

投稿や固定ページの場合は、ショートコード。

[easingsliderlite]

ヘッダーなど直接テンプレートに組み込みたい場合は、テンプレートタグ。

<?php if ( function_exists( "easingsliderlite" ) ) { easingsliderlite(); } ?>

スライドショーが完成しました。

Easing Slider

今回のデモです。

サンプルデモ

さらに詳細のカスタマイズ可能

サイドバーの「SlideShow」の「Customize」から、矢印の画像や大きさなど変更できる。

Easing Slider

サイドバーの「SlideShow」の「setting」からjsの位置など変更できる。レスポンシブにしたい方はリサイズは「Enable」にする。

Easing Slider

日本語化

最近、このプラグインの日本語化ファイルを「ウェブマーケティングSNS」様が作られいるのを知りました。英語でもまあ大丈夫でしょうが、どうせなら日本語にしたいという方はぜひお試し下さい。

下記サイトからeasingsliderlite-ja.mo(Easing Slider “Lite”2.1.2用日本語)をダウンロードし、FTPソフトを使って/wp-content/plugins/easing-slider/languages/にアップロードしてみてください。

導入したら、日本語になっちゃいました。

Easing Slider

制作者様、ほんとにありがとうございます。 

まとめ

 「Easing Slider “Lite”」の導入はシンプルでいいですね。直感でほぼさくっと導入できます。
 無料のためか、一個しかスライダーは作れませんが、ノープロブレム。

 

LINEで送る
Pocket

タグ:,

WordPressこれで学びました

  • WordPressの参考書は、制作ものが多いけど、この本はSEOに特化した割り切りが良い。初めてWordPress導入し、SEO対策をどうしようと悩んでいた時に購入しました。
     WordPressは基本的にはSEOに優れたCMSでありますが、能力を最大化するには、パーマリンク等のSEOに適した設定やSE対策のプラグインなどでパワーアップさせる必要があります。読んだ時は、目から鱗が落ちる内容で、当初はそのまま実践してました。
     また、WordPressだけでなく、基本的なSEO対策の本として、キーワードやタイトル設定なども勉強になりました。

コメントを残す