twitterにシンプル設定で自動投稿/WPプラグイン「WordTwit」

wp0


WordPressプラグイン「WordTwit」の使い方

ワードプレスの記事をシンプル設定でツイッターへ自動投稿してくれるプラグイン。

【注意】6・15現在、バージョン3.0にアップデートされ、大幅にインターフェイスが変更されました。新しく詳細を別の記事に使用方法を書きました。よろしければこちらをご参考ください。


3.0で復活も手順煩雑で新技登場/wordpressプラグイン「WordTwit」

インストール方法

  • (1)管理画面左側「プラグイン」から「新規追加」でこのプラグインを検索
  • (2)「いますぐインストール」をクリック
  • (3)「プラグインを有効化」をクリックして有効に

インストール方法をもっと詳しく

参考までにダウンロードサイト

※これより以下は過去の設定方法ですのでこちらをご利用ください。

新「WordTwit」3.0の設定方法

はじめに

Facebookやツイッターなどいまやソーシャルメディアとの連携は必須となっています。導入したからってパズられて(口コミ)されて爆発するなんてわけはないのですが、導入して損はないでしょう。
私は普段は「jetpack」を使っているのですが、配信したくないカテゴリーなどある場合などは、カスタマイズ可能な「WordTwit」を利用してます。

有効化後の設定、使い方

ツイッターと連動させるため、中央にある部分をクリック。

wp0003

連携アプリを認証するをクリック。
wt0002

次は各種設定をする。短縮のURLや直リンクにするなどを変えられる。

wt0003

連携させるカテゴリーや除外したいカテゴリーなどを設定できする。

複数の場合は( , )カンマで区切る。Reverse behaviourは逆になります

wp00004

最後に変更をクリックして終了。

qp5_02

公開すると、投稿できました。

wp0006

まとめ

「WordTwit」の設定はシンプルで、カテゴリーの除外など最低限の部分があるのでさくっと連携したい人は便利ですね。また今回は説明しませんでしたが、複数配信も可能で、よりシンプルなjetpackのパブリサイズ共有もおすすめです。

【追記】6/9 急に自動投稿ができなくなりました。他のサイトではいけるのに、このブログではなぜか出来ない状態になっています。検索するとそういう不具合がけっこう発生しているようです。
下記の方は以下の方法で解決されたようですが、私はうまく行かず。とりあえずtwitter連動はJetpackに避難しました。(すみません)
WordTwit.phpで2箇所修正が必要

【追記】6/14 TwitterのAPIのVer1.0の問題だったようです。
WordPressプラグイン「WordTwit」が動かなくなった応急処置方法

(参考)
WordTwitを使い記事の更新情報をTwitterに自動投稿する設定方法

LINEで送る
Pocket

タグ:,

WordPressこれで学びました

  • WordPressの参考書は、制作ものが多いけど、この本はSEOに特化した割り切りが良い。初めてWordPress導入し、SEO対策をどうしようと悩んでいた時に購入しました。
     WordPressは基本的にはSEOに優れたCMSでありますが、能力を最大化するには、パーマリンク等のSEOに適した設定やSE対策のプラグインなどでパワーアップさせる必要があります。読んだ時は、目から鱗が落ちる内容で、当初はそのまま実践してました。
     また、WordPressだけでなく、基本的なSEO対策の本として、キーワードやタイトル設定なども勉強になりました。

コメントを残す